かえるの旅行あんどwebライターブログ

かえるがwebライターになりました。次の目標は旅ライター!!

無職62日目!!調査しなきゃ(@_@)

スポンサーリンク

無職62日目!!調査しなきゃ

この虫眼鏡、あんまり拡大できないやつだなぁ

こんばんは。
かえるです。

 

無職となって62日が経ちました。

 

かえるのwebライターについての独り言、第22回目は『リサーチ』についてです。

 

リサーチは記事作成に大切なものであると同時に、厄介なヤツでもあります。

 

リサーチをすることのメリットは

  • 記事内容が合っているか確認できる
  • 記事内容の信憑性を高めてくれる
  • さまざまな知識を与えてくれる

 

リサーチをするデメリットは

  • リサーチ先が間違っていることがある
  • リサーチに時間がかかると執筆速度が落ちる

 

というところでしょうか。

メリットの方が断然、多いです。

 

記事を自分の知識だけで書くことは不可能に近いと思います。

不動産業に18年間働いて、得意だった不動産分野のことですら、リサーチせずに記事を書けたことは一度もありません。

今後もきっと、リサーチなしで記事を書けるということはないでしょう。

 

どうしてかというと、内容はともかく、数字まで覚えていないからです。

 

記事を書く時には、何度かブログに書きましたが、記事の信憑性を高めないといけません。

確か、昨日でしたかね。

車の登録台数や人口をブログに書きましたが、あれは他のサイトを確認して数字を引用しています。

ああやって、数字を確かめるために必ずリサーチします。

 

マイナス点としては、なんといっても時間を食うことです。

 

リサーチする先を見つけるのは簡単なのですが、リサーチ先に書いてあることを理解するのに、物凄い時間がかかることがあります。

こうなると、執筆も止まってしまいます。

一番最悪なのが、リサーチの内容が頭に入らず、頭がパンクすることです。

パンクしてしまうと、執筆が止まるどころか、執筆を再開することができなくなります。

パソコンの前に座っても頭が回らないんです。

 

リサーチは記事を正確に、早く書くためのツールですが、使い方をミスすると執筆を止めてしまうツールになります。

 

リサーチをするコツとしては、リサーチした内容を記事に箇条書きでコピペしておき、記事内容を肉付けするのは後日行うことです。

 

リサーチはリサーチ、執筆は執筆と分けておくと時間を有効的に使えます。

 

webライターを続けていくには、時間を有効的に使うことが大切だと思います。

 

みなさんも、自分がかっている良い方法があったら教えてください!

 

スポンサーリンク