かえるの無職からどうなるのか?ブログ

かえるが無職になりました。webライターを始めますが、果たしてどうなるのか!?

無職63日目!!20%っすか…(;´Д`)

スポンサーリンク

無職63日目!!20%っすか

くくく…みんなクラウドソーシングをもっと使うがよい…

こんばんは。

かえるです。

 

無職となって63日が経ちました。

 

かえるのwebライターについての独り言、第23回目は『システム料金』についてです。

 

クラウドワークスやランサーズのシステム料金ってみなさんどう思います?

正直、高いですよね。

クライアントとワーカーをつなぎ合わせるから、マッチング料頂きます、はわかるんだけど20%ですよ。20%。

 

そんなんだから、webライター慣れてきたら、Twitterとかで直契約しよう!という流れになっちゃうんですよね。

 

まぁ、そこは企業の戦略だからいいとして…

20%ですよ。

 

文字単価1円の案件を依頼されても、20%のシステム料金取られますので、自動的に文字単価0.8円になります。

 

webライターやってて思うのが、文字単価1円を切ると、暮らしていくのがキツくなるという印象です。

副業なら文字単価1円以下でもいいのでしょうが…

 

この0.2円の差が大きいんです。

 

1日は24時間しかないので、物理的に稼げないんですよね。

なので、システム料金のことを考えると、文字単価1.3円くらいの案件を受けなければいけません。

 

しかし、クラウドソーシングでwebライターをやっている人ならわかると思いますが、

文字単価1円より上の案件って少なくなるんですよね。

仮に文字単価1.3円などの良い案件があったとしても、文字単価が上がってくると猛者が応募してきます。

 

困ったねぇ。

 

という感じです。

 

なので、仕方なく文字単価1円、システム料金取られて文字単価0.8円で実績を積むしかありません。

 

実績積んでいる間に、Twitterを活かして直契約を狙っていくのがおすすめです。

 

クラウドソーシングに固執していると、月収アップが遅くなります。

ただ、勘違いして欲しくないのはクラウドソーシングは辞めた方がいいと言っているわけではありません。

 

Twitterからそんなにスカウトは来ません。

そのため、月収の土台というか基盤をクラウドソーシングで作るのことが大切です。

上積みで、Twitterが有効と言っているだけです。

 

私も基盤はクラウドソーシングで、稼ぎ頭は、単価3.5円、単価2.5円、単価2円の直契約ですから。

 

クラウドソーシングを上手く利用して実績を上げ、Twitterで稼ぎ頭を見つけていきましょう!!

 

スポンサーリンク