かえるの無職からどうなるのか?ブログ

かえるが無職になりました。webライターを始めますが、果たしてどうなるのか!?

【何事も相性は大事!】クライアントとの相性は仕事に影響する~無職102日目~

スポンサーリンク

【何事も相性は大事!】クライアントとの相性は仕事に影響する~無職102日目~

いつまでもこんな感じだといいですね。

~目次~

 

こんばんは。

かえるです。

 

無職となって102日が経ちました。

 

かえるのwebライターについての独り言

 

第49回目は『クライアントとの相性』についてです

 

webライターは、基本的に発注者であるクライアントとは顔を合わせません。

高単価になると、たまにZoom面談や会議があります。

しかし、それでもほぼ1回のみです。

そんな顔合わせが少ない中でも、クライアントとの相性は大切です。

今回は、クライアントとの相性について取り上げていきます。

 

スポンサーリンク

 

クライアントとの相性が悪いなと思った瞬間

 

これはあくまで、かえるの目線で話していきます。

人によって相性は違いますもんね。

 

私の場合

  • 報連相のレスポンスが遅い方(連絡できない理由を言ってくれる方は除く)
  • 指示事項が不的確な方
  • 文章ではなく箇条書きみたいな文章で返答してくる方

このような方は、仕事を進めるにあたってストレスが溜まるので、高単価だとしても継続するか迷ってしまいます。

 

一応、かえるは指示事項が不的確な方には、はっきりその旨伝えます。

そのため、一部のクライアントは、私とはやりづらいかもしれません(笑)

クライアントの構成がおかしい場合は、きちんとコメント入れます。

 

かえるが気にしないクライアントの特徴

 

逆に、人によっては気にすることを、かえるは気にしないこともあります。

 

私が気にしないのは

  • ため口もしくはいきなり友達みたいな声掛けをしてくる方
  • 完全に仕事として割り切り、口調がかなり厳しい方
  • 校正がかなり厳しく何度もやり直し修正になる方
  • 記事執筆の基準内容を詳細に決めている方

このような方が嫌な人も多いでしょうけど、私は全く気にしません。

厳しい方については、むしろやってやるという気持ちにさえなります。

不動産営業をしていたからでしょうか(笑)

 

スポンサーリンク

 

クライアントとの相性をわざわざ取り上げた理由

 

クライアントとの相性は、仕事に影響するからです。

高単価でも相性が悪い方と仕事をしていると、進めるたびにストレスが溜まりうまくいきません。

逆に単価が低くても相性のいい方とは、ずっと仕事を継続したいと思います。

 

この意識の差は、必ず記事の質に影響します。

 

相性の良いパートナーとは、ずっと仕事していきたいですもんね。

 

まとめ

 

仕事をするにあたって相性はとても大切だと思います。

仕事を楽しく進められるかは、パートナーに大きく影響されるからです。

 

質の良い仕事をするために、自分を高めるだけではなく、パートナーを厳選することも重要になっていきます。

クライアントを選んで楽しく、ストレスなく、質の良い仕事をしていくようにしていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク