かえるの無職からどうなるのか?ブログ

かえるが無職になりました。webライターを始めますが、果たしてどうなるのか!?

【行ってみたい場所シリーズ!】第1回目はベトナムにある『ホイアン』をご紹介!!~城主19日目~

スポンサーリンク

ホイアン旧市街地画像4

引用:「世界遺産ホイアン旧市街の観光情報|ランタンが彩る美しい古都|HISベトナム支店

~目次~

 

こんばんは。

かえるです。

 

無職から個人事業主となって19日が経ちました。

 

かえるの一度は行ってみたい場所についての独り言

 

第1回目は『ホイアンベトナム】』です

ホイアン旧市街地画像2

引用:「【2022年最新】ダナン⇔ホイアンの移動手段5選 | Danang de 観光 | ダナンスタイル || ダナンが好き Danang.Style

 

かえる🐸が行ってみたい場所の第1回目は、タイではなくベトナムホイアンです。

タイというよりも海外旅行へ行きたいに考えがシフトしてきており、タイ以外の場所にも興味津々です。

最近ではラオスに行きたいですし、シンガポールもかなり行きたい場所になってきました。

また、会社員時代には時間的に行けず、ヨーロッパや中東など興味を示さなかった場所にも興味が出きております。

 

多くの興味がある中、第1回目の行きたい場所に選んだのはホイアンでした。

元々行きたい場所でしたからね。

それでは、『ホイアンベトナム】』を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ホイアンベトナム】』について

ホイアン旧市街地画像1

引用:「【2022年最新】ダナン⇔ホイアンの移動手段5選 | Danang de 観光 | ダナンスタイル || ダナンが好き Danang.Style

 

ベトナムホイアンと言えば、世界遺産登録されている旧市街地、ランタン祭りが有名です。

旧市街地のランタン祭りも、実際に現地に行かず写真を見るだけでも1度は行ってみたいと思わせてくれるような場所です。

その他にも、ホイアンには「ホワイトローズ」など名物料理もたくさんあり、観光だけではなくグルメを楽しむことができます。

 

また、ホイアンベトナム中部一の都市でビーチリゾートでもあるダナンからも近く、アクティブに観光したり、マリンスポーツを楽しみたい人にもおすすめです。

 

少し足を伸ばせば、フエやニャチャンもあり、ホイアンやダナンを拠点にして観光するのもよさそうですね。

 

スポンサーリンク

 

ホイアンベトナム】』がある場所

ランタン画像

引用:「【2022年最新】ダナン⇔ホイアンの移動手段5選 | Danang de 観光 | ダナンスタイル || ダナンが好き Danang.Style

 

ホイアンベトナム中部にあり、ダナンから向かう方が多い場所です。

ホイアンから一番近い空港は、ダナン国際空港だからですね。

 

以前は成田空港などからダナン国際空港直行便がありましたが、コロナの影響で現在は運航していなんでしたかね…

確か羽田か成田からは就航計画があったような…

 

もし直行便がない、直行便が就航していても関東圏以外からホイアンに行く場合は、ノイバイ空港(ハノイ)かタンソンニャット空港(ホーチミンシティ)から国内線に乗り換えて行くのが便利で良さそうです。

 

わざとトランジットをすぐせず、ハノイホーチミンシティを楽しんでからホイアンに行くという手もありますね。

…いかん、わくわくしてきた(笑)

 

ノイバイ空港、タンソンニャット空港からダナン国際空港までならともに1時間30分弱と移動もそこまで苦になりません。

そしてダナンからホイアンまでは、バイクタクシーやタクシーなどで30分ほどあれば到着します。

 

ホイアン地図(臨時休業って書いてありますね…)

 

スポンサーリンク

 

ホイアンベトナム】』の観光施設

ここからはホイアンの観光施設を紹介していきます。

 

ホイアン旧市街地

ホイアン旧市街地画像3

引用:「世界遺産ホイアン旧市街の観光情報|ランタンが彩る美しい古都|HISベトナム支店

 

まず、ホイアンは旧市街地自体が観光施設です。

この写真見てくださいよ。

多少加工してあるかもしれませんが、夕景のホイアン最高ですよね。

この景色の中、散歩したりお酒飲んだりしたら最高じゃないですか??

かえる🐸はお酒、おちょこ分も飲めないですが…

 

このような景色を見ることだけでも、ホイアンに行ったという楽しい思い出が残るのではないでしょうか。

 

日本人橋

日本人橋画像

引用:「世界遺産ホイアン旧市街の観光情報|ランタンが彩る美しい古都|HISベトナム支店

 

日本人橋とも呼ばれている来遠橋です。

昔、ホイアンには日本人が多く住んでおり、日本人橋の名がつけられたそうです。

しかし、この橋は架け替えられたものらしく、旧日本人橋の遺構は別の場所から発見されました。

 

この橋から見る景色はとても良いそうなので、ここも夕方や早朝に訪れてみたいものです。

 

福建会館

福建会館画像

引用:「世界遺産ホイアン旧市街の観光情報|ランタンが彩る美しい古都|HISベトナム支店

 

ここは華僑寺院の福建会館です。

航海の安全を守る女神「ティエンハウ(天后聖母)」を祀る寺院です。

ベトナムにいながら中国も体験できるという、一度の旅行が2ヵ国を体験できるような場所ですね。

荘厳な雰囲気のする寺院だそうで、お参りに来る人も多いそうです。

 

スポンサーリンク

 

ホイアンベトナム】』のグルメ

ホイアンと言えばホワイトローズやカオ・ラウ、コム・ガー・ホイアンなどが有名ですよね。

どれもおいしそうで、ホイアンを訪れることができたら味わってみたいものです。

 

ホワイトローズ

ホワイトローズ画像

引用:「ホイアンの4大名物料理 | 東南アジア | アジア旅行地ガイド

 

やっぱりホイアンの名物料理と言えば、ホワイトローズでしょう!

かえるはそう思い込んでいます。

米粉を伸ばして作った生地に、エビなどのすり身が入っているそうです。

味を想像しただけで美味しそうに感じてしまいます。

 

しかし、食べたことのないものを紹介するって難しいですね。

味も匂いも見た目も話すことができないわけですから…

 

カオ・ラウ

カオ・ラウ画像

引用:「ホイアンの4大名物料理 | 東南アジア | アジア旅行地ガイド

 

1600年代ホイアンには日本人街があり、カオ・ラウは伊勢うどんが起源とされています。

麺は米麺で、麺の上に豚肉や野菜が乗っています。

味は…わかりません(笑)

カオ・ラウは他のベトナムの麺料理とは違った独特の食感だそうです。

 

スポンサーリンク

 

ホイアンベトナム】』の宿泊施設

ホイアンは世界を代表する観光地のため、宿泊施設は多くあり、その種類も多様です。

ここでは、3つのホテルを紹介させていただきます。

 

Vinh Hung Heritage Hotel

Vinh Hung Heritage Hotel画像

引用:「Booking.com | 公式 | 人気のホテル・フライト・レンタカー・宿

 

かえる🐸はホイアンに行くときにはここに泊まるとすでに決めています。

この写真を見るだけで、もうわくわくが止まりません。

西洋風のホテルはどこにでもあるというイメージがありますが、中国風のホテル(しかもきれいでおしゃれ)っていうのはそこまで多くありません。

いわゆるベトナム古民家ホテルですね。

しかも、このホテルはホイアン旧市街地の中にあり、日本橋まで徒歩1分くらいと旧市街地を観光するのにもうってつけな場所です。

 

2022年9月2日現在、アゴダで宿泊費を調査しましたが、空き室が見つからず調査を断念。

 

HOTEL ROYAL HOI AN M GALLERY画像

引用:「Booking.com | 公式 | 人気のホテル・フライト・レンタカー・宿

 

ここは2015年にオープンしたばかりの比較的新しいホテルです。

西洋風なホテルが良いという方は、こちらに宿泊するのはどうでしょうか。

(ちょっとアジアンな気もしますが…)

このホテルは日本人大好きのバスタブが全室についています。

旧市街地への観光もすぐにできる立地にあり、おすすめできそうなホテルでした。

 

2022年9月2日現在、アゴダで宿泊費を調査した結果、1泊1人約8,000円~約14,000円でした。

 

Almanity Hoi An Resort & Spa 

Almanity Hoi An Resort & Spa 画像

引用:「Booking.com | 公式 | 人気のホテル・フライト・レンタカー・宿

 

ちょっとリゾートホテルっぽいところが好きな方には、このホテルでしょうか。

ここも旧市街地から近く、観光にはバッチリな立地です。

しかし、リゾートホテルに宿泊するならダナンに泊まったほうが良いのではないかと、私なら思ってしまいます…

 

2022年9月2日現在、アゴダで宿泊費を調査した結果、1泊1人約4,000円~約35,000円でした。

プレジデンシャルスイートが35,000円ってやっぱりベトナムの宿泊費は安いですね。

 

ホイアンベトナム】』のまとめ

今回はベトナム中部にある「ホイアン」を紹介させてもらいました。

ベトナムといえばホーチミンシティみたいにエネルギッシュな街を思い浮かべがちですが、このような街並み全体が落ち着いて観光ができる場所もあります。

 

ホイアンは特別にどこへ行くというような観光施設はありませんが、時間によって違う顔見せる街並みを散歩しているだけで何日か宿泊できてしまいそうです。

 

そんな魅力たっぷりのホイアン

 

いつか行ってみたい!!

以上でございます。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

こちらもよろしくお願いします!

kaeru2022.com

ブログ村にも参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ  にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村 小遣いブログ Googleアドセンス・アドセンス申請へ

PVアクセスランキング にほんブログ村