かえるの無職からどうなるのか?ブログ

かえるが無職になりました。webライターを始めますが、果たしてどうなるのか!?

【安定して稼ぐコツ!!】webライターで安定的に稼いでいくコツとは?~無職103日目~

スポンサーリンク

【安定して稼ぐコツ!!】webライターで安定的に稼いでいくコツとは?~無職103日目~

ヘイ!タクシー!!自己申告依頼型まで!!!

~目次~

 

こんばんは。

かえるです。

 

無職となって103日が経ちました。

 

かえるのwebライターについての独り言

 

第50回目は『安定して稼ぐコツ』についてです

 

無職100日目に続き、webライターの回もついに第50回目です。

飽き性のかえるがよく続いているなぁと思います。

みなさんのブログを読むのが楽しいからなんでしょうね。

 

さて、本日はwebライターで安定して稼ぐコツです。

それでは始めていきましょう~

 

スポンサーリンク

 

クライアントからの依頼形式

 

稼ぐコツをクライアントからの依頼形式に依存します。

そのため、クライアントからの依頼形式を紹介します。

 

単発依頼型

 

言葉のままで、一定数の記事を依頼されて継続はなし、という依頼型です。

テストライティングのみで終了してしまう場合もこの型です。

おわかりのとおり、この型の依頼形式が一番安定しません。

 

不定期継続依頼型

 

継続の仕事は頂けるのですが、いつ継続の依頼が来るかわからない形式です。

1か月間など長期で音沙汰なしの場合でも、急に相当数の依頼をしてくれる場合もあります。

急な依頼が多いため、スケジュール管理も難しくなります。

いつ依頼が来るのかわからないため、収入は得られますが安定はしません。

 

スポンサーリンク

 

定期継続依頼型

 

記事の執筆が完了した後、またすぐに記事を発注してくれる依頼型です。

この依頼形式だと、スケジュール・売上・入金管理がしやすくなります。

もちろん、収入も安定します。

 

自己申告依頼型

 

毎週、執筆記事数を自己申告し、自己申告分執筆するという型です。

今週5記事書けそうなら5記事分申請をして執筆、翌週4記事書けそうなら4記事分申請して執筆というような感じです。

この形式は、収入が安定する上に、稼ぎも大きくなります。

 

自分が20記事書けるというなら、20記事分申告しても構わないわけですから。

クライアントが記事数を調整してこなければ、20記事書けます。

 

まとめ

 

単発依頼型 → 不定期継続依頼型 → 定期継続依頼型 → 自己申告依頼型 

の順に稼ぎが安定します。

 

自己申告依頼型の仕事は、低単価でも仕事は継続した方が良いと思います。

高単価案件が途切れてしまったときに、時間を有効活用するのにもってこいの形式だからです。

 

自己申告依頼型は今のところ、直接契約でしか依頼されたことがありません。

クラウドソーシングの場合は、だいたい不定期・定期継続依頼型です。

私は単発はあまり経験したことがありません。

 

そのため、稼ぎを安定させたいのであれば

Twitterなどで直接契約を受ける

クラウドソーシングでとにかく応募し自己申告依頼型を探す

これに尽きるのではないでしょうか。

 

私は、低単価も含めて自己申告依頼型を3件受注しています。

3件あれば生活できない、ということにはなりません。

 

みなさんもクライアントからの依頼形式にはこだわって、webライターを続けてみてください!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク